無辺世界

words for world world world
<< 愛のむきだし コリント13章 | main | 市川・江戸川花火大会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
“これも自分と認めざるをえない”展


 8月6日、金曜日。ひとつ前の記事の続きです。国立新美術館で「オルセー美術館展 2010」を観て、ちょっと休憩を挟んだ後、ミッドタウンのガーデン内にある21_21 DESIGN SIGHTへ。こちらで開催されているのは、佐藤雅彦ディレクションの「“これも自分と認めざるをえない”展」。

 タイトルからしておもしろそうな展覧会。内容もとってもよかったです。おもしろかった。これはとてもおすすめです。体験型のインスタレーションを中心とした企画展。キーワードは「属性」。

 まず、展示スペースに入る前に受付付近のブースで体重・身長を計測したり目の写真を撮ったりします。この時点で、え、なんでそんなことするんだろう!と疑問が湧いてきますが、先へ進むと、なるほどそうか。そういうことかーと納得。新感覚。「わたし」が部分的に採集されることの不思議な感覚に慣れるうちに、自分という人間の輪郭がどんどんなくなっていると感じる。その危うさがたのしかったり、少し恐かったり。

 特におもしろかったのは「金魚が先か、自分が先か」で、わたしは金魚が先でした。……と、こんな風に感想を話し合える人と行ったほうが絶対にたのしいと思うので、何人かで行くことをおすすめしたいです。実際にはひとりずつで体験するインスタレーションがほとんどなんですが、体験した結果をシェアする相手がいるほうがおもしろさがぐっと深まりそう。わたしはなんでひとりで来ちゃったんだろうとちょっと後悔しました。

 体験型ではない資料の展示も充実していました。興奮したのは「頭の中の散らばり方」。6名の著名人の、パソコンのデスクトップが再現された展示なのですが、6名のなかに穂村弘とか椎名林檎とか茂木健一郎とか、普段から注目している方々の名前があったのです。実はこの展覧会のことも、「穂村弘」で検索かけたときにヒットして知りました。穂村さんのファンでよかった…!

 ひとつだけ残念だったのは、思ってた以上に時間を要する展覧会で、「心音移入」を体験できたなかったこと。すべて網羅するのはそれなりに時間がかかると思うので、時間に余裕をもって観に行ったほうがよいです。けっこう長いスパンで開催されているので、そこがありがたい。11月3日まで。

 わたしももう一回くらい観に行きたいなー。いや、充分たのしめたんだけど、この企画展はたのしいだけじゃなくて、なんかもっと考えられそうで。佐藤雅彦さんもきっと、この展示をきっかけに何か問題意識を持ってほしかったんじゃないかなぁと思う。「個人を特定する技術」が進歩するというのはどういうことだろう?わたしたちに何をもたらすだろう?

 と、そんなわけですが、今度は誰かを誘っていきたい。興味のある方、いっしょに行く人が見つからないよー!な方、ぜひお供したいです。すでに一度観てしまった出がらしのようなわたしですが。

 企画展 佐藤雅彦ディレクション 「"これも自分と認めざるをえない"展」
 http://www.2121designsight.jp/program/id/index.html

 

その他 17:03 comments(2)
スポンサーサイト
- 17:03 -
COMMENT
面白そうですね!
気になりますっ!!
| ogattz | 2010/08/29 8:29 PM |
to:ogattzさん
おもしろいですよー!!
あ、可能なら平日に行ったほうがよさそうです。
わたしは明日また行くことになったんですが、
土日はすごく混雑するみたいなので少し怖気づいてます。
ひとつの作品に1時間近く待つこともあるそうで。
| えみ | 2010/09/04 1:26 PM |









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
FRIENDS & FAVORITES
PAGE VIEW
WEBCLAP



ネコ温度計
FAVORITES
FAVORITES
FAVORITES
FAVORITES
FAVORITES
text
text (JUGEMレビュー »)
昆虫キッズ
PROFILE


SPONSORED LINKS