無辺世界

words for world world world
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
全日本フィギュアスケート選手権開幕です


今日からフィギュアスケートの全日本選手権が始まります。
ものすごくたのしみです。

好きな選手、たくさんいますが、最近では特に小塚選手が大好きです。
彼のスケートを見ているだけ幸せな気持ちになるんです。
たくさんの感動と、元気をもらっています。

記憶に強く残っているのは、
先月のグランプリシリーズエリック杯(フランス)で、
170.43という高得点をマークしたフリーの演技。

録画しておかなかったことを悔やんでいます。
もう一度観たい、もう一度観たい、と思っていたら
先ほどyoutubeで見つけました。画質も良い。

このブログに貼ろうと思ったら「埋め込み無効」だったので、
URLだけ載せておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=mDwIAlt4qEM

放送を見逃した方、興味のある方、ぜひぜひ。
いつ消されちゃうかわかりませんのでお早めに。

この時は、

直前に滑ったフランスのアモディオ選手が
すばらしい演技で観客を沸かせていたから、
小塚さんどうなるんだろうどうなるんだろう
ってドキドキしながら見ていました。

そしたらこの完璧な演技だもんなぁ。
アモディオ選手の得点を大きく上回って優勝。

動画では、小塚さんの得点が発表された後に、
アモディオ選手が「すばらしい演技だったよ〜」って
小塚さんを笑顔で称えてハグするところまでばっちり納まっていて、
なんかいいもん見たなぁという気持ちになれます。

優勝を逃して悔しかっただろうに、
なんて気持ちのいい男なんだアモディオ〜 とね。

そして小塚選手ですが、
毎回、演技の前に佐藤信夫コーチに背中をぽんっと押される瞬間も
なんだか好きで、じっと見ちゃいます。なんかぐっとくるんです。

全日本選手権4日間、心臓もつかしら。ドキドキします。
年末だってことをもはや忘れている。年賀状、大掃除、あぁ…。

だけど今日がなんの日かってことは忘れてないよ。
たくさん聴きます。

おやすみなさい。


テレビ 02:15 comments(2)
モテキの主題歌「夜明けのBEAT」のPVはとてもかっこいい


 モテキはぼーっと見てると流れてる音楽や作りこまれたディテールを易々と見逃してしまう。と、第3話を見て今更気づきました。ともさかりえの「カプチーノ」が流れたときはうれしかったです。

 第2話は、いつかちゃん扮する満島ひかりが映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のロケ地をめぐるという、岩井俊二作品ファンにもたまらん内容となっていたのではないでしょうか。第3話の、Perfumeの「Baby crusing Love」に合わせて踊るくだりは、「(500)日のサマー」を下敷きにしているようです。森山未來くんのダンスのキレがとてもいい!

 未來くんの身体能力は、ドラマ主題歌であるフジファブリックの「夜明けのBEAT」のPVでも終始発揮されていて、これが、もう!もう!とてもいいんです!すごいんです! 埋め込み無効でブログに貼り付けられなかったので、PVのURLだけ貼っています。ぜひぜひ見ていただきたいです!
 
 夜明けのBEAT / フジファブリック
 http://www.youtube.com/watch?v=-TXWkfV3K9s

 このPVは今年出会ったPVの自分内ランキング第2位です!
 (第1位はサカナクションの「アルクアラウンド」)

 あ、でも厳密にいうと「アルクアラウンド」のPVは昨年末には見ていたはずだから、今年の暫定1位は「夜明けのBEAT」だ! 何度見ても森山未來くんの動きに惹きこまれてしまいます。あと、冒頭でタイトルがどーんと現れるところも好きだ。かっこいい。


テレビ 21:22 comments(2)
モテキ見ました


 金曜日の夜、ドラマ版「モテキ」の放送が始まりました。主題歌がフジファブリックの新曲(!)で、流れた瞬間「うぉぉおおおお!」とね、感動してしまいましたわ。夜明けのBEATという曲。

 ドラマの脚本と演出を手がけている大根仁さんが「フジファブリックの志村さん、テレビ東京が発する電波は特殊なので そっちにも届くと思います。是非観てください!!!」ってブログに書いてた。志村さん、天国でモテ期がきてたりして。

 そして第一話はとてもおもしろかったです。森山未來くん、はまり役! 「好きよ!抱いて!好きよ!抱いて!」のお神輿ジングルが馬鹿馬鹿しくてよいです。原作の漫画は前から読んでみたいなぁと思いながらもまだ未読で、ドラマが始まっちゃったけど、やっぱり原作先読みたいなぁ、いや、でもドラマ見てから原作かな?とかいまだに無駄に、くよくよ迷っています。原作者の久保ミツロウさんが女性だと知ったときはびっくりしました。そして、女性の視点から描く男性のモテ期なら、読んでみたいと思ったのです。

 モテキ:テレビ東京
 http://www.tv-tokyo.co.jp/moteki/

         ◆

 主題歌といえば、東京事変の新曲もドラマの主題歌として使われるようなのでそれもたのしみ。オダギリジョーと栗山千明ちゃんが出るドラマ。


テレビ 21:51 comments(8)
亀田誠治さん


 亀田誠治さんin情熱大陸を見る。べーシストとしての表立った活動よりも、音楽プロデューサーとしての活躍の方に焦点が当てられていた30分。裏方としての亀田さんのお仕事を拝見できた、能動的30分間でした。

 気になったところをメモメモ。


 ■25歳から音楽の道へ入って20年。数々の楽曲のプロデュース・編曲などに携わり、ベスト10にランクインした作品は120枚!

 ■ほぼ毎朝6時には起床されているとのこと

 ■朝からプライベートスタジオで、アレンジ作業。パソコン・機材・楽器などいろいろ操る亀田さん。その作業現場のことを「鶴のはたおりのような」と言っていたのが妙にしっくりきました。酷使する手首を守るために、親指あたりにテーピングをされていた。編曲に関して、「煮詰まるみたいなことはない、球がきたから打つ、みたいな」と仰っていた。

 ■レコーディングでサポートミュージシャンやスタッフを集めるのもプロデューサーの仕事である。とのこと

 ■曲が仕上がったときの満足そうな笑顔がとてもすてき。

 ■亀田さんの奥さんの笑顔もからっとしていてすてきだった。そんな奥さんのことを「俺のプロデューサー」と言っていた亀田さんもまたすてき。

 ■若手ロックバンドNICO Touches the Wallsの勝負曲のアレンジ。この曲のアレンジ・レコーディングの過程を映すことが今回の取材の核となっていたと思う。イントロ部分とサビのコード進行に手を加えていく亀田さん。アレンジ前と後のちがいをけっこう丁寧に紹介してくれた。

 ・サビで加えたコードのことを「若者たちコード進行」「コードの泣き」と呼んでいた。入れることで「感情が高ぶる」、「曲の温度が上がる」コード進行。でも、「やりすぎると曲が安っぽくなる」とのこと。コードを入れる前と後とではたしかにサビが違って聴こえる。そのコードを入れることによって、サビにひっかかりが生まれたと思った。

 ・イントロではピアノのフレーズを加えていた。NICO Touches the Wallsは、当初バンド外の音を入れることを考えていない様子だったけど、それをわかっててピアノの音を入れていく亀田さん。「イントロをきらっとさせたい」「(ピアノの音を入れることにメンバーが)難色を示したとしても、ちがったアプローチをイントロに施していくと思う」。

 ・ピアノ音の入ったイントロを聴いたバンドのボーカリストは、やっぱり難色を示していた。でもここからの流れがとてもおもしろい。
 
  「思ってた曲のイメージとちがう」
       ↓
  「みっちゃん(ボーカル)が最初に思い描いたイメージが倍増して届くようなアレンジにできたと思う」
       ↓
  「……入れてみようかな、ピアノ」
       ↓
  「おすすめでごじゃる」←ここさりげなくかわいかった
       ↓
  「もう一歩次のとこへいく手段のような気もする」

 ・なんていうか、ボーカリストの考えが変わっていく、その人の殻が破れる瞬間みたいなのを垣間見れたがする。生々しくてよかった。

 ■ピアノを入れることに決定して、レコーディングで、ボーカリストは「ピアノやっぱり(機械の打ち込みでなくて生の音にしたい」って言った。それを聞いてすぐに動きだす亀田さん。ピアニストは「絶対、皆川!」って言ったときの表情、きっぱりとした口調がすごく印象的に残った。

 ■当たり前だけど、通常はCDとして売られている完成系の状態でしか曲を聴けないので、その曲がどんな風にアレンジされているか、元の楽曲にどんなスパイスが足されているのかを知ることはできない。それが少し残念でもあるので、今回編曲をする人の仕事を具体的に知ることができて、とても興味深かった。

 ■若手が亀田さんを頼りにするだけじゃなくて、亀田さん自身も「若い世代とやることで僕が生まれかわる」と仰っていた。「彼らといっしょにいると、自分が今どこにいるかということがよくわかる」と。


 と、思いつくままにばばばと書きましたが、誤字脱字があったらすみません。全体的に、常に笑顔の人、という印象を受けました。そういえば、わたしにとってとても思い入れの強い曲(人生でいちばんかもしれない)、スピッツの「ガーベラ」という曲も、亀田さんがアレンジをしていたんだったなぁ。そんなことも思い出して、今しみじみとしています。


テレビ 00:27 comments(2)
8歳の子にも読まれている枡野さん


「さんまのスーパーからくりTV」に最近よく出ている
清志郎くんという8歳の男の子が
短歌をはじめたんですよ 
とか言いながら、
 
枡野浩一氏の『石川くん』を手にしていた!

 

びっくりして、それから感激して、思わず「ア!」と声をあげました。
横でいっしょに見ていた父に「え?」と言われました。
8歳の子にも読まれてるんだなあ すごいなあ

石川啄木の短歌が枡野さん流に解釈されている本……のはずです。
実はわたしはこの本まだ読んでいないのです。
……。
 

テレビ 21:51 comments(0)
NHKで「テレ東」が流れた!


 NHKで「爆笑問題のニッポンの教養」を見る。「台本のない音楽会」と題して、音楽家・坂本龍一を迎えての40分。


今回の趣向は“台本のない音楽会”。坂本龍一は古今東西の名曲1万3000あまりがつまったパソコンを持参し、いきあたりばったりのDJスタイルで、世界の民族音楽から13世紀に作曲された古楽、お気に入りのJポップなどを次々に披露する。音楽の幅広さ、豊かさに気づかせようとする坂本に対し、太田は心酔するサザンオールスターズの魅力について大熱弁。

―番組公式サイトより抜粋
http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/20090901.html 


 太田さんが「サザンとかどうですか」って真っ向から訊いたとき、一視聴者ながらひやひやしました。サザンの歌詞について熱弁する太田さん。対して、坂本さんは音楽を聴いていても歌詞が頭に入ってこないのだと言う。記号として、音としてか入ってこないとのこと。絶対音感がある人の特徴のひとつとして、こういうタイプがあるみたいですね。サザンを皮切りにJポップへと話が移行すると、坂本さんが突然

 「相対性理論って知ってる?」

 って爆笑問題の二人に言いました。言ったんです!

 それはそれは驚きました。耳を疑うとはこのことかと、このことかー!と、無駄に再確認しちゃうほどビツクリ。しかも坂本さんが流した曲がよりによって「テレ東」だったから、めちゃくちゃ興奮しました。NHKで「テレ東」が流れてるーっっ!って。こんなことってあるんですね。流れてる間、「チャンネルは変えないでください」ってテロップが表示されたのが微笑ましかったです。
 
 親切なことに、番組で紹介された曲の一覧がHP上にありました。こういうのってほんと助かる! 録画してないかぎり、放送中にメモを取るのは大変だもの。

 〜坂本さんと爆笑問題さんが選んだ曲リスト〜
 http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/20090901_music.html
 
 わたしは坂本さんのファンだったわけではないけれど、相対性理論をおもしろがって聴いていることがうれしくて、少し好きになりました。

 余談ですが、相対性理論といえばボーカルのやくしまるえつこさんがソロ活動をされるそうですね。現時点では、PVを少し試聴できるみたいです。こちら↓
 
 おやすみパラドックス
 http://oyasumi-paradox.jp/



テレビ 01:09 comments(2)
SONGS 椎名林檎 第一夜


 NHK「SONGS」にて、2週にわたる椎名林檎特集。
 第一夜は6月24日放送。

 30分番組とは思えないほど充実した、贅沢な特集でした。インタビューあり、母校訪問あり、曲も4曲たっぷりと見せてくれるという充実ぶり。衣装も演奏者も曲によって変えていて、とても豪華でした。第一夜で演奏された曲は「ありあまる富」「丸の内サディスティック」「罪と罰」「二人ぼっち時間」(演奏順)。それぞれの曲について、まずは簡単な感想を。

  ありあまる富
 CDではバービーボーイズのいまみちともたか氏がアレンジを担当しているけど、今回の演奏はギターの名越由紀夫さんによるアレンジでした。林檎ちゃんは鮮やかな色模様のワンピースに、髪型はアシンメトリーなショートカットという出で立ち。Mステ出演時の歌はかなり縮小されていて(トークは生放送ならではの興奮があり期待以上でしたが)物足りなかったので、この曲をフルコーラスでじっくりと聴けたことがうれしかったです。
 
  丸の内サディスティック
 『三文ゴシップ』に収録されているEXPOバージョンと同じく、英語詞と日本語詞を交えて歌っている。ただし、斉藤ネコさんによるアレンジと指揮で、アルバムとは全く異なる曲調。ブラス隊によるゴージャスなイントロにいきなり耳を奪われる。林檎ちゃんはカジュアルな服装に短髪、そして黒ぶち眼鏡と、男の子みたいな格好でした。今までに見たことのない感じ。この曲は、どんな風にも調理されてもおいしい曲なんだなあ、ということを改めて思う。

  罪と罰
 とにかく「すごい」の一言に尽きる。喚くように吠えるように叫ぶように歌っていて圧倒されました。わたしも24歳になり、高校時代に聴いていた時よりもずっと、この曲の重みを感じるようになったと思う。テレビで見ていることを忘れそうになるほど迫力のある演奏と歌唱でした。アレンジはPE'Zのヒイズミマサユ機で、リズム隊もPE'Zの方々。林檎ちゃんはヒイズミさんとまだ繋がっていたんだ、ということに胸が熱くなりました。

  二人ぼっち時間
 NHK「みんなのうた」のために書き下ろされた曲。2人のバックダンサーといっしょに、はにかみながら踊る林檎ちゃんがとてもかわいかった。演奏は丸の内サディスティックと同じメンバー。

 インタビューで印象的だったのは、デビューした当時から唄い手から作り手側へまわりたいと考えていたという話、そして9.11の同時多発テロがあまりに悲しかったことが音楽活動を再開する大きなきっかけであったという話。あのテロがなかったら、椎名林檎はもう音楽家として表舞台に立つことがなかったかもしれないのか。そう思うと複雑。

 さて、今夜放送される第二夜では松尾スズキとの福岡デートが目玉らしい。超たのしみ! 第二夜の感想もいずれ書きたいと思います。 

テレビ 21:08 comments(0)
岩田守弘さん


 更新をさぼっている間に、ぽつぽつとweb拍手が…! 
 ああああありがとうございます! 

 どなたがクリックしてくれたのかも、今これを読んでいるかどうかもわかりませんが、ありがとうございます。きちんと届いております。ありがとうございます。拍手をたくさんし続けると手の平がじんじんして、そしてかゆくなる。という感覚のことを、今ひさしぶりに思い出しました。

 じん。

         

 NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」をひさびさにリアルタイムで。今回は、ロシアのボリショイバレエ団で活躍する、バレエダンサーの岩田守弘さん。

 詳しくはこちら↓をどうぞ。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/081209/index.html

 ボリショイバレエ団は、クラシックバレエの最高峰と言われているロシアのバレエ団。岩田さんは、そのボリショイバレエ団史上初の外国人ソリストなのだそう。史上初! すごい! 寡聞にして、そのバレエ団のことも、岩田さんのことも、このたび初めて知ったのでした。そんなわたしが言葉にしてもちゃちに響くだけだけど、バレエ界って肉体的にも精神的にもすんごく過酷な世界なんだなあ。舞台に立ち続けることの厳しさが、45分間の放送を通して、ひしひしと。

 ボリショイバレエ団に苦労して入団した後もなかなか評価してもらえず、4年(たしか)がんばり続けてようやくもらえた役が、着ぐるみ姿で四つん這いになって動き回る猿の役。岩田さん自身も「あれを踊りと言っていいのか…」とやや自嘲気味にそのことを語っていた。でも、野生の猿の研究をするなどして舞台に臨んだ結果、彼の猿の演技は観た者の目にきちんと留まり、その後の岩田さんの評価にも繋がっていったのだ。というサクセスストーリーに、まずじーんとくる。悔しい思いをたくさんたくさんしてきたのだろうなあ。

 舞台では人は丸裸になり、(技術だけでなく人間性なども含む)すべてが出てしまうと語る岩田さん。今でも怖いし、不安だとも。でも、苦しければ苦しいほどいい、ということも。それから、ボリショイの舞台が普通の舞台ではないと強調して言っていたことも印象的だった。

 第一線で戦い続ける人の顔、その表情をまじまじと見つめたのはなんだかとてもひさしぶりのことのように思えるけど、やっぱり顔つきからして違うんだなあ。志があるかどうかとか、貫いてきたものの確固さとか、きちんと語り口や表情に出るんだね。朝のラッシュのなかにまみれていても、絶対に彼を見つけてしまえるよと、思った。そのくらい、表情がすてきだった。踊っているところはもちろんなんだけど、スタジオトークでの姿も、なんだか吸い込まれるようにして見入ってしまったよ。

テレビ 00:20 comments(0)
PLACE TO BE
 
 録画していたテレビ東京の「ミューズの晩餐」を見ました。数日前に放送された、上原ひろみがゲストの回。演奏を交えた25分間のトーク番組。

 「ミューズの晩餐」‐公式サイト‐
 http://www.tv-tokyo.co.jp/bansan/index.html

 演奏曲目はガーシュイン作曲の「I got rhythm」と上原ひろみのオリジナル曲「PLACE TO BE」。「PLACE TO BE」は、番組司会者であるバイオリニスト川井郁子とのコラボレーションで。

 上原ひろみという人は演奏中はアグレッシブな表情を見せるけど、喋っているときの表情はむしろほわんとした感じ。技巧的な早弾きを成す十指の動きには目を見張るものがあるけど、喋りの速度はむしろまったり。そこがかわいいし、好感がもてた。訊かれたことには忠実に答え、無駄なことは言わない。謙虚だし、格好つけない。うれしそうに、幸せそうに話す、その様子はピアノを弾いているときと変わらないかもしれない。
 
 特に印象に残ったのは、自身の曲「PLACE TO BE」に話題が移ったときのトーク。"PLACE TO BE"とは「あるべき場所」「いるべき場所」、あるいは「居場所」。自分にとって居場所とはどこかを問われて、上原ひろみは「人の笑顔が見られる場所」と答えていた。「それを毎日探して世界をうろうろしている」と。

 「家を出ると家の良さがすごいわかるとか、海外に出て日本の良さがすごくわかるとか、やっぱり人は、何かこう、自分の手に入らなくなって初めてその素晴らしさに気付くなあってのは思いますね。海外に出て、ほんとに日本で生まれて良かったとか、日本人で良かったとか思えたんで、わたしは海外に出て良かったなあと思ったんです」

 世界中を駆け回り、年間約150公演をこなすほどのミュージシャンなのに、この飾らない発言。なんだか心が洗われるような思いでした。番組出演時のPLACE TO BE、youtubeにあったので、せっかくだから貼っておきます。流浪の果てに出会った笑顔がたしかに見えるような、そんな一曲です。 



上原ひろみ×川井郁子 / PLACE TO BE
http://jp.youtube.com/watch?v=WTMGL4FguJY
テレビ 18:37 comments(2)
「週刊真木よう子」が熱い!
 「週刊真木よう子」が熱いです。

 毎週異なるストーリー異なる出演者、異なる脚本家と演出家が繰りなす30分のオムニバスドラマ企画。全ての話数で共通するのは毎回ヒロインとして出演する「真木よう子」だけ!

 週刊真木よう子:テレビ東京
 http://www.tv-tokyo.co.jp/makiyoko/

 録画しておいた第2話を先ほど見終えたのですが……いやー、イイ! ラリってる真木よう子もイイネー! 目がやばかった、目が! あっ、小学生役の男の子もよかった!

 第1話のねっとりえろえろタッチなストーリーとは打って変わってサスペンス色の強い第2話。雪道を走る車。車内で突如、銃撃戦!と、オープニングからスリリング。結局少しエロかったけど(真木よう子ってば胸でかすぎ!知ってたけど!)。

 演出・ストーリー共に、個人的には第2話の方が好きです。これは!と思って調べたら、なんと1話も2話も同じ人が監督・演出を手がけていました。

 大根仁さんという方。

 大根仁 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A0%B9%E4%BB%81

 ご本人のブログ「大根仁のページ」
 http://blog.livedoor.jp/hitoshione/ 

 ちなみに原作は、第1話はリリー・フランキーの「ねぎぼうず」。第2話はすぎむらしんいちの漫画、「スノウブラインド」でした。

 大根さんのブログで知ったのですが、「スノウブラインド」でタツヤ役を演じていた中村達也さんって、元BLANKEY JET CITYの方だったんですね!

 出演は真木よう子、中村達也 etc・・・
中村達也ってあの中村達也です。
元ブランキー・ジェット・シティ、元スターリン、元原爆オナニーズ、元スタークラブ、元ニッキー&ザ・ウォリアーズ、元THE GODの、現在ロザリオスの中村達也です。
駄目元で出演をおねがいしたところ、原作を気に入っていただき「これは俺の役だでやるわ」ってことでOKでした。
駄目元でなんでもやってみるもんすね。

 大根仁のページより

 そんなすごい人が出ていたなんて知らないで見てました。というわけで、見所たくさんの深夜ドラマです。30分で一話完結というのも見やすくていいですね。 

 個人的には第2話がお薦め(ってまだ2週分しか見てないけど)。youtubeなどで見られるようですが、ヴァイオレントなシーンがあるためか、18歳未満禁止、youtubeではログインしないと見られない模様。でもでも、興味のある方、血とか苦手じゃない方は是非。血が飛び散るようなシーンが苦手な私だって集中して見られたんだから、そうとう面白いかと。

 YouTube - 週刊真木よう子 〜第2話「スノウブラインド」より〜
 http://jp.youtube.com/verify_age?next_url=/watch%3Fv%3DOYpLWQlgOGM 

 第3話もばっちし録画済み。見るのがたのしみだー。

 これから放送される第4話は、演出と監督が大好きな映画『天然コケッコー』『リンダ リンダ リンダ』の山下敦弘なので、個人的にいちばん注目しています。

 そんな第4話の放送は4月23日(水)、深夜1:20から。今からでも遅くない! 興味のある方、見られる方は是非!

テレビ 13:24 comments(2)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
FRIENDS & FAVORITES
PAGE VIEW
WEBCLAP



ネコ温度計
FAVORITES
FAVORITES
FAVORITES
FAVORITES
FAVORITES
text
text (JUGEMレビュー »)
昆虫キッズ
PROFILE


SPONSORED LINKS